換気と緑化

2020.07.13 Monday 06:41
0
    塾の改装を進めている。キーワードはズバリ「換気」と「緑化」!

    換気の改善は、従来からの課題だった。今回、コロナ対策も兼ねて各教室と自習室に大型換気扇と開閉式の窓をそれぞれ3台ずつ増設した。







    結果、見違えるように空気がうまく?なった。塾生に聞いても「…」って返事しかないのだが、毎日通う私がそう思うんだから間違いない(笑)

    一方、緑化はK先生が嬉しそうに進めている。彼女と積極財政?のおかげで、3階自習室は見違えるように変わった。



    結果、授業前やその合間に友達と教えあったり暗記の確認をする姿が、以前より多く見られるようになった。ちなみに、K先生はまだまだ物足りないらしい。てなわけで、緑化はさらに進む予定(笑)

    現在、2階自習室の改装に着手している。授業の合間をぬっての作業のため時間がかかっているが、夏休み前には終わらせる。あと、私のデスクの周りの整理も…

    6日月曜日は休館します。

    2020.07.06 Monday 15:30
    0
      大雨のため、本日は休館します。
      本日の授業は、来週月曜日に改めて実施します。

      通常授業再開

      2020.05.31 Sunday 23:45
      0
        完全通常授業に戻って1週間がすぎた。最初は思考回路のズレが目立った2、3年だったが、今週後半は受け答えもしっかりしてきた。一気に上昇軌道にのせていきたい。

        オンラインを終了しても引き続き、たくさんの塾生たちが質問や添削に来てくれる。志望大学の長文過去問や英検の英作文の個別指導は大変だが、それ以上に効果もやり甲斐もある。積極的に来て欲しい。

        3年生の中で「これから伸びそうな」成績不振者が、数名いる。共通点は知識と思考回路を即答する、あるいはしようと試みる点。

        本番は極度の緊張でアタマが真っ白になる。その中で頼りになるのは、即答レベルの知識と思考回路のみ。教室でしばらく考えてやっと答えられるようでは、本番では全く使い物にならない。これを早く認識して実践できた者から、成績が伸びる。

        数ヶ月前とはガラッと変わった者がいる反面、全く変わらない者もいる。問答に答えてくれない者たちに、どうやって火をつけていくか。これこそ対面授業の醍醐味だ。

        今週後半から、1年生の小テストがはじまった。最初のテストは戸惑った者も多数いた。求められている暗記の質も量も、中学の時とは格段に異なる。上述したように、知識を即答できるまで繰り返して欲しい。

        妥協なき知識の習得と個別指導による思考回路の確認作業によって、うちの塾はこれまで大勢の塾生たちの偏差値を改造してきた。成績上位層のみならず、成績不振者でも十分に国公立大あるいは関関同立大が狙えることを、毎年大勢の卒塾生たちが証明してくれている。

        6年前の卒塾生K君も、その一人。添削と個別指導を連日志願して、東高の真ん中以下の成績から這い上がり、第一志望の立命館大に合格した。そんな彼から「結婚」の報告が舞い込んできた。おめでとう!

        通常授業再開への道のり

        2020.05.19 Tuesday 00:17
        0
          新型コロナウィルス感染拡大防止のために広島県からだされていた休業要請は、15日に大半が解除されました。また、18日から県立学校で自主登校が始まるなど、明るい兆しが随所に見られるようになりました。

          こうした動きに歩調を合わせる形で、中原塾も5月13日から対面授業を一部再開しました。現在、クラスを5〜10名前後に再編した上で、半分の授業を対面で行い、残りの半分をオンラインで提供しております(週2授業の場合)。

          今後の予定ですが、23日土曜日まで現状を維持した上で、24日日曜日から全面的に通常授業を再開したい考えです。ただし当面は、出席を各ご家庭のご判断に委ね、欠席の場合はオンラインで映像を配信します。また、自習室はもうしばらくの間閉鎖します。もちろん今後も、消毒・換気の徹底を図ります。

          授業を一部再開した後も、対面やLINEでたくさんの質問や相談をうけてます。引き続き、塾生が気軽に質問・相談をできる環境整備に、励んで参ります。

          コロナ下の近況2

          2020.05.01 Friday 23:56
          0
            今週に入り、質問者の数が急増した。塾を直接訪れる者とLINEを送ってくる者を合計すると、1日平均で25名以上になる。

            質問内容は様々だ。授業内容だけではなく「成績があがりました!orあがりません…」から、進路選択や朝型夜型といった生活リズム、さらには「なんで私は〇〇高校に入ってしまったんだろう」などといったものまで、多岐に渡る。時間のたつのを忘れて話しこむことも多く、映像授業の配信が遅れがちになっている。申し訳ないです。

            コロナは本当にやっかいだ。ただ、そのおかげといってはなんだが、たくさんの塾生とじっくり向き合うことができている。大勢の塾生を抱えて、一人一人とじっくり話す機会が減っていただけに、今はとても貴重な時間になっている。

            質問は私と塾生双方にメリットがある。コロナが落ちついた後も質問が多数寄せられる環境を、今から整えていきたい。

            コロナ下の近況1

            2020.04.19 Sunday 22:41
            0
              対面授業を中止して4日がすぎた。以来、毎日誰もいない教室で授業録画を撮り、YouTubeにアップする日々が続く。

              これほど悲しく、虚しい作業はない。塾生の反応がわからないから、ひたすら一方通行になってしまう。「よっしゃあ〜」「わかったぞ!」「くっそ〜」「やっべ〜」「もっとがんばんなきゃ〜」そういった塾生たちの表情がない授業なんて、炭酸のぬけたコーラみたいなものだ(泣)

              極少人数授業も考えた。アンケートをとると、塾生たちのほとんどが「授業をしてほしい!」と答えてくれた。しかし、万一のことを考えるとなかなか踏み切れない。そうこうするうちに、県からの休業要請だ。万事休す…

              今は、やれることをやるしかない。少しでも前に進むしかない。救いは塾に直接、あるいはLINEで質問してくる塾生が少なからずいることだ。やはり、双方向がいいね。普段見逃していた塾生の弱点が、質問を通じてよくわかる。だから、的確な対策を指示できる。

              あと、授業録画は自分の授業を見つめ返すという意味では、役にたっている。対面授業の休止期間を、自分の授業や塾に磨きをかけるいい機会にしたい。塾生たちが塾に帰ってきた時に、備えておきたい。

              外出自粛要請をうけて(3)

              2020.04.15 Wednesday 15:00
              0
                広島県の外出自粛要請と高校の休校措置をうけて、中原塾も4月17日(日本史は18日)〜5月6日までの間、対面での授業を休止します。また自習室も閉鎖します。

                なお、上記の期間は一応のもので、状況に応じて変更する可能性があります。

                対面授業休止期間中は、映像授業を配信します。質問・相談は塾で個別に対応するほか、LINE、faxなどで受付けます。

                今後、コロナウイルスの感染状況などもにらみながら、来週末を目処にテレビ会議システムを用いたオンライン授業や少人数個別指導などの併用を検討します。

                以上です。ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。よろしくお願い致します。

                外出自粛要請をうけて(2)

                2020.04.12 Sunday 11:55
                0
                  こんにちは!中原塾中原です。

                  広島県から今週末の外出自粛要請がでていることをうけて、本日の授業を中止して「映像授業」に切り替えます。詳細はメールを確認して下さい。

                  月曜日以降の授業は、通常通り行う予定です。万一状況が変われば、連絡します。

                  外出自粛要請を受けて

                  2020.04.11 Saturday 14:00
                  0
                    こんにちは。中原塾中原です。

                    広島県から今週末の外出自粛要請がでたことをうけて、土曜日の全授業を中止します。

                    日曜日の高校3年生の授業は、現在対応を検討しています。後ほど、連絡します。

                    来年、合格者になるために

                    2020.03.26 Thursday 10:40
                    0
                      先日、新高校3年生の授業で今年の卒塾生K君に、合格のポイントなどを語ってもらった。



                      彼の北高1年時の校内順位は120番程度。最も簡単な国公立大でも合格には微妙なレベルだ。おまけに野球部。勉強時間は限られる。さらによくケガをした。

                      だが、3年生の後半からグッと伸びた。授業中にあてると必ず答えが返ってきた。2次直前の個別指導では、事前に和訳を見て答えを書いたのでは?と一瞬疑うほど、的確な答案を提出してきた。結果、第一志望の岡山大学に合格した。

                      これぞ、多くの北高生・東高生の理想とする勝利のパターンだろう。だが、現実には広島大・岡山大の合格者のほとんどは阪大、神戸大、九大志望者で占められる。彼のように、「下」からはい上がって合格するのは至難の技だ。だから、私も彼の話には大いに関心があった。

                      だが、彼の話す内容は毎年合格者が話す内容と全く同じだった。「間違いノートをつくりその日のうちにアタマに叩きこむ」「解答プロセスを自分で授業できるまで声に出して覚えこむ」「問題を解く時に、覚えた解答プロセスを使えないか、常に意識する」「単語は長文読解の後で辞書をひいて覚える」「その際に形の似ている名詞と動詞と形容詞はセットで覚える」などなど。そしてこれらは私も受験生の時に実践したし、毎年授業中に繰り返し訴えていることでもある。

                      結局、合格者はみんな同じことをやって受かっていくのだ。逆に言えば、不合格者に共通の行動パターンというのも存在する。従って、新高校3年生が来年志望校に合格したいなら、先輩「合格者」たちが実践したことを自分も忠実に行えばよいことになる。

                      しかし、これが意外に難しい。みんな自分が正しいことをやっていると思い込んでいる。だから、実はズレたことをやっている受験生でも、そのことをなかなか自覚できない。結果は「あれだけ勉強したのに…」とか「中学校の時は成績がよかったのに…」とか「浪人したのに…」という結末になってしまう。

                      そうならないためにも、自分の「勉強フォーム」のチェックを第三者の目を通じて行う機会がほしい。つまり、教師や塾講師あるいは大学生の先輩たちに絶えず質問に行ってチェックをうけることだ。今年も質問に来た者とそうでなかった者とで、明らかに明暗が分かれる結果となった。

                      最後にもう一つ、多くの合格者がやっていることをあげておきたい。K君も話していたが、勉強する前に合格後の楽しそうな自分を思い浮かべることだ。「信じる者は救われる」これは一流のアスリートたちのトレーニング方法としても、有名な手法だ。


                      (塾の自習室の「指定席」で、受験時代に自分で書いたメッセージを指差すK君)
                      category:3年生へ | by:nakaharajukucomments(0)trackbacks(0)

                      Calender

                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      Selected entry

                      Category

                      Archives

                      Recent comment

                      Profile

                      Search

                      Others

                      Mobile

                      qrcode

                      Powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM