勝負はこれからだ!

2019.12.02 Monday 02:23
0
    日曜日、ある高3塾生が模擬の自己採点シートをもってやって来た。英語が140点を越えていた。初めての7割越えに、思わず笑顔がこぼれる。

    確かに、受験エリートからすれば大した点数ではないかもしれない。だが、彼女にとっては大きな成果だ。

    夏以降、力はついてきていた。だが、なかなか結果がついてこない。何度も何度も涙を流しては、試行錯誤を繰り返した。ようやく、霧の中にかすかな晴れ間が覗いた瞬間だった。

    まだ伸びる。歯車が噛み合えば一気に8割を突破できる。後は青天井だ。これぞ、がんばってきた現役生だけがこの時期に味わえる特権。

    勝負はこれからだ!
    category:3年生へ | by:nakaharajukucomments(0)trackbacks(0)

    14日木曜日から授業を再開します。

    2019.11.14 Thursday 13:46
    0
      ご迷惑をおかけしました。14日木曜日から授業を再開します。
      まだ本調子ではないため、マスク越しの授業になります。すいません。

      12日(火)・13日(水)休館のお知らせ

      2019.11.13 Wednesday 14:40
      0
        急で申し訳ありません。痛めていたノドが悪化して、声がほとんど出せない状態です。つきましては、12日と13日は休館させていただきます。

        ご理解の程、よろしくお願い致します。

        大学入学共通テストについて

        2019.11.04 Monday 10:03
        0
          先日、大学入学共通テストにおける英語民間試験の導入が延期された。そのこと自体をあれこれ批評するつもりはない。ただ、この議論の間で私が気になったことを書いてみたい。

          まず、当事者になる北高・東高2年生たちの関心の低さだ。スーパー受験エリートの筑波大附属駒場の生徒たちが反対運動をしているのをニュースで見て、落差にがっかりした。

          この問題だけでなく、北高生や東高生たちの時事問題に対する関心度合いは総じて低い。物事に対する関心の低さは読解力の遅さや低さ、情報収集能力の低さ、暗記力の低さにまで影響を及ぼす。受験勉強のパフォーマンスを上げるためには、この点を改善していく必要がある。

          実は英語民間試験が導入されようがされまいが、それ自体はほとんど合否には影響がなかった。多くの国公立大学は、中学3年〜高校1年でとれる英検準2級レベルかそれ以下を出願要件にしていたからだ。

          むしろ我々が注目しないといけないのは、大学入学共通テストの方だ。このテストでは、現行のセンター試験をはるかに上回る速読力が要求される。だが、多くの北高・東高の2年生たちは、一文を訳すのにも時間がかかる状態だ。このままのペースでは、ほとんどの生徒たちが本番には間に合わないだろう。

          制度がどうなろうと、地力がある者は自分の進路を切り拓いて行ける。マスコミ報道に踊らされることなく速読力の養成、情報に対する感度の向上、そして基本知識を即答レベルに高めることに注力したい。
          category:2年生へ | by:nakaharajukucomments(0)trackbacks(0)

          いよいよ追い込み

          2019.10.27 Sunday 14:00
          0
            早いもので、もうすぐ11月。受験生には試練の追い込みシーズン到来だ。

            「追い込み」とは、これまで習得した全てのことを即答レベルにまで高めることをいう。難関進学高校の生徒たちはこの時期、恐ろしいほどの集中力を発揮する。これまで一生懸命つくったノートを、文字通り「人生を賭けて」アタマに詰め込んでいく。受験時代でもっともハードな「はず」の時期でもある。

            だがこの4〜5年、この時期の過ごし方を勘違いしている北高生がめっきり増えた。勉強といえば、ただ漫然と過去問を解いて答え合わせをしているだけ。脳みそに汗もかかず、ただなんとなく時をすごしている。

            学校の休憩時間に大騒ぎしている北高生も、年々増加している。大学受験の厳しさに対する認識が足りないのか、基礎知識の追い込みをかける絶好のタイミングを生かせないでいる。

            追い込みをかけない、かけられない北高生の増加は、北高の広島大、岡山大合格者の低迷と軌を一にしている。確かにここ数年、センターで「あと20点あれば…」と天を仰ぐ生徒が、めっきり増えた。基礎知識をとりこぼして競り合いに負ける。基礎知識の追い込み不足は、ハイレベルの戦いでは致命傷となる。

            センター試験は、毎年NHKのトップニュースになるくらいの大勝負だ。模擬テストでギリギリの成績をとっている程度では、プレッシャーに押し潰されてしまうだろう。おごることなく、知識が即答できるまで追い込んでもらいたい。「準備はペサミスティックに、勝負はオプティミスティックに」が勝負の鉄則だ。
            category:3年生へ | by:nakaharajukucomments(0)trackbacks(0)

            さあ、はじめよう!

            2019.10.09 Wednesday 03:25
            0
              北高2年の英語クラスで先日、入試問題を解いてもらった。

              センター、近畿大学、安田女子大学のごく基本的な文法問題だったが、誰一人として合格点(8〜9割)をとれなかった。全国模試の成績上位者でも5〜6割の正答率しかなく、みんなショックをうけていた。

              高校2年生の実力なんて所詮、その程度のものなのだ。天狗になりがちなこの時期に、厳しい現実を実感してもらいたかったのだが、狙いは的中したみたいだ。あれ以来、教室全体の雰囲気が一気に引き締まった気がする。

              実際の大学受験のレベルは、高校2年生が考えているものよりもはるかに高い。だが、ひるむことはない。やるべきことをきっちりやれば、来年の今頃には誰だって高みに立てる。では、勇気と情熱を秘めてスタートしようか!
              category:2年生へ | by:nakaharajukucomments(0)trackbacks(0)

              選抜I小論文指導のご案内

              2019.10.08 Tuesday 23:50
              0
                今年も、尾道北高・東高の選抜Iを目指す中学3年生を対象に、小論文の指導を行います。

                過去問を用いて書き方を個別指導します。答案は、塾長中原が自ら添削して、講評します。

                この講座は、今年で5年目になります。これまで受講生はほぼ全員、尾道北高・東高に合格しております。

                既に受講生がいること、私が直接責任指導することから、若干名のみの募集になります。お問い合わせは、お電話か塾で直接お願い致します。
                category:入塾関連 | by:nakaharajukucomments(0)trackbacks(0)

                卒塾生たち

                2019.09.29 Sunday 01:43
                0
                  今年の夏も、大勢の卒塾生たちが訪ねてくれた。ありがとう!みんな、燃え尽きることなくチャレンジし続けていた。

                  中原塾はトップ大学を目指す者はもちろん、平凡でも「今にみてろ!」「なんとかしてやる!」という意志を持つ者なら、どんな人にも居場所がある。だから卒塾生たちも個性的な面々ばかり。

                  中でも高校時代は不登校気味で、卒塾以来音信不通だったn君や、大事故から生還を遂げたk君が訪ねてくれたのは、印象的だった。2人とも高校時代の成績はぱっとしなかったが、今は勉学に燃えている。まさに「勝負はこれからだ!」と言わんばかりの表情に、私も刺激をもらった。感謝!

                  ここで、卒塾生のみんなに簡単なアドバイスをしておこう。参考にしてくれたら幸いだ。

                  1、2年生 そろそろ遊びにも飽きるころ。この機を生かして来年の春、夏の計画をたてよう。ぜひ一度は海外経験を!

                  3年生 就活のコツは「広く、同時並行」的に行うこと。自分の天職は理想とは異なっていることがほとんど。だから、食わず嫌いせずに、色んな業界を同時に広く廻ろう。自分が働いているシーンを具体的にイメージできなければ、それは天職ではないかもしれない。

                  では、健闘を祈ります。
                  category:卒塾生へ | by:nakaharajukucomments(0)trackbacks(0)

                  定期テストの特別授業

                  2019.09.26 Thursday 01:11
                  0
                    北高クラスも東高クラスも現在、定期テストの特別授業を行っている。



                    ここではあくまで、大学受験を意識した学校授業の解説を心がけている。間違っても昨年の過去問をやって高得点…なんてバカなことはしない。

                    そして大切なのは、定期テストが終わったあと。せっかく覚えた知識だ。定期的に記憶のメンテナンスを行い、完全に定着させてしまいたい。これができれば広島大、岡山大なんて楽勝なんだが…

                    まあ、自分ではなかなか難しい。自分が高校時代にできなかったことを塾生に求めるのは、酷な話だ。だから、塾の授業でメンテナンスを行う。学校授業の延長に大学受験がくるように塾生たちを導くのが、定期テストの特別授業の目的だ。

                    台風の影響で、22日日曜日は休館します。

                    2019.09.21 Saturday 20:50
                    0
                      台風の影響で、22日日曜日は休館にします。代講は29日日曜日の同じ時間帯に行います。よろしくお願いします。

                      Calender

                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>

                      Selected entry

                      Category

                      Archives

                      Recent comment

                      Profile

                      Search

                      Others

                      Mobile

                      qrcode

                      Powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM