ツバメさん

2018.06.13 Wednesday 17:10
0
    昨年に続き、今年もツバメさんがやって来ました



    パートナーを見つけてじゃれあっていたのも、つかの間…



    昨年誰かが残して行った巣をちゃっかり再利用して、せっせと子育てに励んでおります(笑)



    いつの間にやら、子供たちはビッグになっていました。



    旅立ちは、近そうです。「今度は挨拶くらいしていけよな」と思いながら、ふんのお世話をする毎日です。

    ヒントは自分の足でつかむ

    2018.01.05 Friday 15:12
    0
      新年も、たくさんの卒塾生が会いに来てくれた。みんないろんなストーリーを話してくれた。ありがとう!

      今日は、昨年卒塾したWさんが訪ねてきてくれた。受験時代は、語学教育で定評のある獨協大学を目指すも、結果は不合格。ある短大に進学することになった。あれから1年。なんと、今年の獨協大学の公募制推薦入試にうかったとのこと。これには驚いた。

      聞けば短大入学後、自分の足で獨協大学のオープンキャンパスに行って、いろんな先輩たちからアドバイスをもらったそうだ。そこで公募制推薦というシステムがあることや、その勉強法を知ったらしい。それをきっかけにバイト代をためて予備校に通い、勉強を再開したとのことだった。

      彼女の素晴らしい点は、自分の足で勝利のための方法論をつかもうとした姿勢だ。普通なら、ハウツー本をよんで自習室にこもるのが関の山。だが、それではまた同じ失敗を繰り返す可能性が高い。浪人してもほとんどの人が成績が伸びないのも、ダメな方法を繰り返すからだ。だが、彼女は違った。

      さらに素晴らしいのは、一度自分が落ちた大学にわざわざ足を運び、彼女からみたら「勝者」に謙虚に教えを請うというその姿勢だ。これはなかなかできないことだ。どうしても変な見栄やプライドやねたみが、邪魔をしてしまうからだ。だが、彼女は違った。

      目標にひたむきになった者は、周りの目ややっかみなどは気にしない。ただひたすら行動し、教えを請い、勝利の方程式をつかみ、気がついたら物凄い高みへと成長していく。今、いろんな分野で活躍している人たちは、みんなそんなストーリーをもっている。

      新年早々、本当にいい話をきかせてもらった。ありがとう!Wさんのこれからの健闘を、確信している。

      社会人になった卒塾生

      2015.09.28 Monday 16:36
      0
        日曜日に、今年社会人になった卒塾生と焼肉をつついた。中学生の頃からの付き合いで、以後も北高、広大、就職と節目節目を共にしてきた。広大在学中も中原塾を手伝ってくれた。

        高校2年生の頃までは、どこかひ弱で子供っぽいイメージがあった。だが、大学受験は恐ろしいほどの集中力で、第一志望を勝ち取った。そして就活を乗り越えた今では、穏やかな表情の中にバランス感覚をみいだせるようになった。同期や上司との関係も良好みたいで、言葉の節々にさらなる成長がうかがえた。

        2時間ほど焼肉をつついた後で、いつものように会計をしようとすると、彼が財布を取り出した。「これまでお世話になったんで、今日は僕が」
        なんだか嬉しいやら恥ずかしいやらだったが、ここはご好意に甘えることにした。

        出会ってから10年。彼の目には今の私はどのようにうつっているのだろう。大人になった卒塾生の後ろ姿をまぶしそうに眺めながら、ふと思った。「衰えたな」そんな風には思われたくない。まだまだ私も成長せねば。帰りの車中でしみじみ思った。


        追伸 結婚祝いに頂きました。ありがとう!また、会いましょう!

        おみやげ

        2014.07.29 Tuesday 01:14
        0

          北高2年生(2-1クラス)から、研修旅行

          のおみやげを頂きました。それがこれ。



          「あっ、このセンスが今年の北2だね」

          と、思わず昔のCM調でつぶやいてしま

          いました(笑)。全く、一筋縄ではいかな

          い連中です。



          てなわけで、こちらも彼ら
           の期待にこたえねばなりま
           せん・・・




          大暴れしてみたり・・・・





          服従してみたり・・・・・



          ちなみにグラサンは私のもので、おみや

          げではありません。念のため。



          みんな、ありがとう!

           

          覚悟

          2012.01.20 Friday 03:18
          0
            「進路のことで相談があります」

            公立大学志望の高3女子。
            センターは何とか乗り切るも、足りない。
            第1志望校は絶望的。第2志望校もC判定
            を切っている。
            てっきり、私立への方向転換の相談かと
            思った。

            「第2志望校の学科を変えて、最後まで
            チャレンジします」
            彼女の口から出たのは意外な言葉だった。

            立ちはだかるボーダーの壁に立ちすくみ、
            後退する者。「浪人して旧帝早慶」など
            と言って勝負を途中で投げてしまう者。
            この時期はそんな受験生が続出する。
            そして、彼女も苦しい状況だ。学科を変
            えてもぎりぎりC判定。しかも2次配点は
            かなり低い。

            「目標にしてきた大学ですから・・・」
            しかし、彼女は迷いもなく言い切った。
            去年1年、よく泣いた子だった。しかし、
            その顔にかつてのあどけなさはもう見え
            ない。
            覚悟を決めたのか、静かで穏やかな表情
            だった。

            失うものは何もない。
            逆転の小さな小さな光をそれでも掴まん
            とするその心意気こそ、中原塾の目指して
            いるものに他ならない。

            まだ迷っている塾生が何人かいる。
            後に続いてもらいたい。

             

            ベストを尽くす

            2011.10.04 Tuesday 22:09
            0

              ある塾生からこんなメールを頂いた。

              「先生!!

               ○○(単語帳の名前)頑張ったよ!!!!

               とにかく全力は尽くした!!

               以上!!」


              今、高校は定期テストの真っ只中。
              前日の対策で単語の暗記が進んでおらず、私から喝!を入れられた塾生からだった。

              目標はあくまで大学受験。
              しかし、その日はいきなりやってくるのではない。

              小さなことでもベストを尽くしていったその積み重ねの向こうに
              新しい将来が待っている。


              あと2日。がんばっていこう!!





               


              Calender

                12345
              6789101112
              13141516171819
              20212223242526
              2728293031  
              << October 2019 >>

              Selected entry

              Category

              Archives

              Recent comment

              Profile

              Search

              Others

              Mobile

              qrcode

              Powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM