大学入学共通テストについて

2019.11.04 Monday 10:03
0
    先日、大学入学共通テストにおける英語民間試験の導入が延期された。そのこと自体をあれこれ批評するつもりはない。ただ、この議論の間で私が気になったことを書いてみたい。

    まず、当事者になる北高・東高2年生たちの関心の低さだ。スーパー受験エリートの筑波大附属駒場の生徒たちが反対運動をしているのをニュースで見て、落差にがっかりした。

    この問題だけでなく、北高生や東高生たちの時事問題に対する関心度合いは総じて低い。物事に対する関心の低さは読解力の遅さや低さ、情報収集能力の低さ、暗記力の低さにまで影響を及ぼす。受験勉強のパフォーマンスを上げるためには、この点を改善していく必要がある。

    実は英語民間試験が導入されようがされまいが、それ自体はほとんど合否には影響がなかった。多くの国公立大学は、中学3年〜高校1年でとれる英検準2級レベルかそれ以下を出願要件にしていたからだ。

    むしろ我々が注目しないといけないのは、大学入学共通テストの方だ。このテストでは、現行のセンター試験をはるかに上回る速読力が要求される。だが、多くの北高・東高の2年生たちは、一文を訳すのにも時間がかかる状態だ。このままのペースでは、ほとんどの生徒たちが本番には間に合わないだろう。

    制度がどうなろうと、地力がある者は自分の進路を切り拓いて行ける。マスコミ報道に踊らされることなく速読力の養成、情報に対する感度の向上、そして基本知識を即答レベルに高めることに注力したい。
    category:2年生へ | by:nakaharajukucomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    Selected entry

    Category

    Archives

    Recent comment

    Profile

    Search

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM